荒尾 和秀
Arao Kazuhide
  • 1958年和歌山県生まれ。
  • True Healing&School 代表

カイロプラクティック研究所勤務、米国ピアースクリニック研修を経て、
25才で品川区で仙骨療法で開業。その後、神田、銀座に移転。
イネイト療法に転向し、新大阪むつう整体院を継承。梅田に移転。
2018年True Healing真癒として新たなヒーリングと哲学の探求を行っている。ヒーラー養成講座、ハピネス講座など開催中。

本当に良い治療を提供するという最も大切な理念から、「真癒」という名称にしました。
さて、では、本当に良い治療、「真の癒やし」とはどういうものでしょう?即効性があり、さらに深い働きがあること。病気になった人は、病気が治る。痛みや、コリなど症状がある人は、痛み、コリが楽になる。というのが目的となります。しかし、一時的に楽になるということではなく、本当に健康になるということが大切です。病気や症状を取り除こうとするのではなく、「健康体」になることです。健康体になれば、自然と病気も、症状も消えて無くなります。では、健康体になるにはどうするべきか。それは、生体エネルギーを整えることです。生体エネルギーが満ち溢れていることで、自然と身体は整い心身ともに健康になれるのです。身体が軽く、ぐっすりと眠れ、精神的にも安定した状態こそあなたの本来の姿です。30年以上の臨床経験から、真癒/True healingが生まれました。
真癒で、本当の自分を取り戻して下さい。
BLOG