生命が輝きをとりもどせば、症状は消えていく

治療家となって長いようで短かった35年の年月が過ぎました。

大学を卒業して1年後、カイロプラクティックの研修生となりこの道を歩み始めました。長年、ご来院くださる皆様にもっとお役に立ちたい。ご期待以上の働きをしたいと願い続けていましたが、ここ最近、やっと、私も自信を持てる、満足ができるレベルの治療になりました。ヒーリングを受けてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、奥深く効果は発揮されています。きちんと受けていただければ、今ある症状はもちろんのこと、将来起こる病気の予防さえなされるほどのものになっています。勿論、まだまだ此れからがレベルアップの本番だと思っておりますのでご期待ください。

さて、周りを見渡すと不健康な方が多くいます。体の不調を持った方は多いわけです。
そこで、今は痛みや凝りを和らげるレベルから、真癒ヒーリングを受けて頂ければ健康を取り戻してもらえると感じるところまで来たわけですので、是非ともご利用いただきたいと強く思っています。

人は、体が悪くなって症状が現れた時に、【病気】と言います。
なるほど、的確な言葉を使っているものだと、最近、深く気づき感心しました。
頭痛、肩凝、腰痛、膝痛、疲労感など不調を感じるのは病気の一歩手前ということです。気が病んでくると、このような様々な症状が出始めるわけです。何も、人間ドックに行って機械の測定ばかりをあてにしなくても、万物霊長と言われる人間です。感覚という尊いものが備わっているのです。体調が悪いなと感じながら、人間ドックに行って異常無しと言われても健康であるわけがありません。自分自身の感覚を大切にすることです。ですから、自分自身で不調を感じている時は、病気と医師に判定されなくても気が病み始めているのです。

そこで、【元気】を取り戻すことこそが、本質的な解決となるのです。
病気から縁を切るのは、気を病んだ状態から元気な体調になることです。
では、【気】とは何か?それがはっきりと分からなければ全ては始まりません。

東洋医学では、気血の巡りが大切であると説いています。血(けつ)は、血液や体液。気は体内のエネルギーということです。
真癒では、生体エネルギーという表現をしております。私たちは、生命と肉体によって成り立っており、その生命。肉体を肉体ならしめている生命力・生体エネルギーこそもっと着目すべきなのです。

一般的な医療、整体などは肉体を整えることを目的としています。真癒は、命を溌剌(はつらつ)とするものです。命は、常に大いなる躍動と創造をしようとしています。その力を取り戻すのが、真癒ヒーリングなのです。ヒーリングは、ほんの少しのキッカケでしかありません。誰もが、天から与えられた素晴らしい「力」を内に持っており、生命が輝きを増し、命が溌剌たる働きを始めると症状なんかは見事に消え去っていくのです。
闇は光を当てれば消えて無くなるように。病(やまい)は生体エネルギーを取り戻すことで消えるのです。皆んなが、元気な状態を維持して、本来の快適な日々をお過ごしいただける世の中になるお手伝いをさせていただきたいと願っております。微力ながら、がんばって日本中を健康にしていきたいと思っております。