病気は身体からのアドバイス

神様がいるとしたなら・・・・。
人間の身体って、本当に上手く作られたものだ、偉大な創造主だなあ、何とも凄いなあと思います。
もっとも、人間の身体だけでなく、自然界もそうですね。自然界の話まですると、話が長くなってしまい、まとまりがなくなりますので、まあ、ここでは、身体のお話にとどめて話を進めさせて頂きたいと思います。

病気や、症状は、現実問題として、苦痛であり、日常の生活に悪影響を及ぼすことになりますから、決して有難いものではありません。
しかし、よくよく考えれば、とても有難いものです。
何故、有難いかというと、それは、皆さんの身体を、長年にわたり、こうして見させていただいてきて、病気・症状も必要があって起こっているとしか考えられないからなのです。そして、その病気・症状が、自分にとっての、正しい日常生活を行うための何より間違いのないアドバイスでもあると思う
からなのです。そのアドバイスを、知らず知らず無視をし続けていると、大きな問題(病気)になってしまい、時としては厳しすぎると感じるものでもあ
ります。

さて、いかがですか。
病気や症状が、有難いものと、受け止めることが出来ましたでしょうか?
これは、頭で理解することさえ、なかなか、難しいかもしれません。しかし、イネイトに通っていただき、健康を取り戻して、痛みから、苦痛から、開放
された後であれば、「成る程、そうだなあ。」と、理解して頂くことも容易であると思います。

病気は、偶然に起こるものではないからです。
必ず原因があります。それは、自分自身の日常の生活に、ほとんどの場合は起因するものです。
膝や、腰が痛む。肩が凝る。頭痛がする。胃腸が弱くなった。疲れやすい。
眠りが浅い。血液検査で引っかかった、など、どのような病気・症状にしろ、原因があります。ただ、その原因は、長年の些細なことの積み重ねだから、
気がつきにくいものなのです。「何でだろう。」と思ったり、「歳のせいだろう。」程度にしか、考えないものです。

では、何故、日本人が長生きなのか。ただ、人種として長命なのではありません。比較的規則正しい食生活と、和食という食事の内容が良かったとい
うことがあげられます。もっとも、近頃は、長生きではあるけれども、元気のない半病人が多くなっているのも残念ながら現実です。物質的には、豊か
でゆとりもある、アメリカ人がそれほど長生きでないのは、肉食が多いからです。あるデータで、肉食が多いと、心臓病と、大腸癌になることが多いと
書かれていましたがその通りの現状になっています。

このように、「長年の生活と、身体の状態」は、「原因と結果」の関係なのです。痛みや、疲労感、不安感、血液検査の異常は、「ちょっと無理しているよ。無理しないで。」「頑張りすぎないで。疲れがたまってきたよ。」「食べすぎで、栄養の摂りすぎだよ。」「もっと自然のリズムにそった生活をしてくださいよ。」という、身体からの、メッセージなのです。

もしも、痛みを感じなければ、疲労を感じなければ、不快を感じなければ、とても便利です。しかし、極端なようですが、倒れるまで、壊れるまで、死
ぬまで、何も気付かないで、頑張ってしまいかねませんね。

もっと身体からのメッセージをよく聞くように心がけて生活をしませんか?

そうすると、自分の身体のみならず、自分の心とも仲良しになれて、「幸せ」を自分の中に発見することができると思うのです。